(3)将来性がなくて辞めたい

薬剤師辞めたいTOP >> 事例 >> (3)将来性がなくて辞めたい

(3)将来性がなくて辞めたい

薬剤師の資格とスキルは、期間限定のものではなく、一生活用できるものです。一度資格を取って仕事を始めてしまえば、そのスキルをいろいろな業種で使えるため、とても実用性があると言えるでしょう。しかし、仕事によっては将来性があまりなく、ずっとその仕事を続けていても何の変化も起こらないのではないかと思うこともあるかもしれません。

たとえば、病院勤務の薬剤師であれば、医療の現場に出て医師や他のエキスパートと一緒に仕事をしていくことで、いろいろな経験を積むことができ、常にスキルアップを図ることができます。年月とともに自分のスキルが向上していくことが実感できますし、周りからの評価も高くなってきます。そして、その評価によって昇進したり年収がアップしたります。こうした環境だと、将来についての展望を見ることができて、良い目標を常に掲げながら働けることになります。

しかし、調剤薬局やドラッグストアなどで働いている薬剤師の中には、毎日同じ医薬品の説明をして販売をするだけだと感じてしまう人もいます。仕事をしていても、特にスキルや知識が上がるわけでもないし、自分を磨く要素がないと思え、将来性がないという結論に達してしまうのです。長年頑張って働いても、年月分の昇給程度で、特にキャリアアップするチャンスがないというのもモチベーションを下げる要素となってしまうかもしれません。

さらに、仕事自体に将来性を感じられないと思う人もいます。医薬品の販売などに関しては、インターネット上での販売が規制緩和されてきているため、店舗型の販売が落ち込むという可能性もあります。病院勤務をしている人でも、単に調剤業務だけをしている業務であれば、自分の仕事がいつかなくなってしまうのではないかという不安に駆られることもあるかもしれません。

こうした不安や不満を抱えているのであれば、思い切って違う分野の業種にチャレンジしてみるという手もあります。薬剤師の仕事は、若手で基本的なスキルがあれば比較的簡単に転職ができる恵まれたジャンルですので、同じ薬剤師の業務でも、将来性を感じられる別の仕事を探してみるのも良いでしょう。こうした理由で転職を考えているのであれば、若手と呼ばれるうちに、できるだけ早く転職を決意した方が良いかもしれません。多くの仕事は実務経験を応募条件としていますし、年齢制限を設けているケースもあります。年齢を重ねてからでは、薬剤師という資格だけでは違う分野への転職が難しくなることもあるのです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師辞めたい.com【※転職サイトはここから選ぼう】 All Rights Reserved.